生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

2013侍ジャパンの活躍の評価は?

      2014/05/17

2013侍ジャパンの活躍の評価は?ですが、先に結論として、現役メジャーリーガーが不在の中、一方、他国のチームはメジャーリーガーがひしめく中で本当に2013侍ジャパンはよくやりました。

心から拍手を送りたいと思います。

2013侍ジャパンがスタートして日本の各チームとの練習試合が始まった頃の成果はひどいものでした。

ある意味、時期が時期だけに、早期に準備していたと言うものの、この時期のスタートは、なかなかエンジンがかからないものだとも思います。

投打に不調があったとしても決して不思議ではないわけですね。
2013年の侍ジャパンは、実践を通して調子をあげていく中で、危機的ハードルを越えつつ渡米する前、一つひとつの試合できっかけを確実につかみ、選手間でも一体化が感じられ、チーム全体を最高潮の状態に持っていきました。

待望の目的であった米国に渡り、準決勝からは環境がガラリと変わり戦い方は、うって変わりこれまでとは違ってきました。

アウェーで微妙な戦い方になれば歯車がかみ合わなくもなる可能性も当然あるわけですね。

ただ、短かくも長きにわたる戦いの中で成長してある意味進化を始めていったとも言えます。
進化には、単なる技術だけを指すものではなくあらゆる環境に対して、どんな不利な戦い方に対しても、また、細かな動作に対しても対応できて初めて、進化したといえるのですね。

進化をはじめたとは言えアウェーでの環境で急変して、応援もこれまでとは逆になり緊張感が漂っていました。また、プエルトリコは本土決戦で慣れ言い訳にはなりませんが日本には不利な環境であった事実もあります。

ちょっとしたひとつの審判の微妙な判定から投打とも手元が狂ってくる可能性を十分に秘めてもいます。厳しい環境でどのように対応していけるのか。このあたりはとても重要なことでもあります。

また、今回のプエルトリコ戦の重盗については、曖昧な選手任せのサインでは内川は、全く責められるべきではないでしょう。全体的には結果ミスとはなりますが内川1人のミスでは決してないですね。選手お任せサインなら、今回は監督の采配になります。どれだけ、前回のWBC、今回のWBCでもどれだけ内川に助けられたか。本当に内川はよくやりました。

このケースの場合、二塁走者が中途半端に戻れば、塁半ばで刺される可能性も高いですし
また、二塁走者の走塁を見て、戻らないことを確認しての二盗ではタイミングでは完全にアウトでしょう。走るなら一気、同時しか方法はありません。

戻る重盗サインありなら、重盗はやってはいけないことですね。前回の、鳥谷の選手の三盗とは訳が違います。

今回の場合、どちらにしろリードを許している中、中途半端な走塁では、一塁か二塁で、刺されてアウトの可能性は大です。いくら、二塁送球するにしてもGOなら、一気に駆け抜けないと両走者のいづれかタイミングアウトになるわけですね。

ましてや、三盗なら100%成功は、代走でない限りは更に、前回の鳥谷の三盗以上のリスクがあることになります。監督が念を押したり、選手に事前に伝えて欲しかった『こうした想定での事前の打ち合わせを確認しておきたかったところです』

または、自分が望ましいと考える『ディス・ボール(次の一球で走り切る指示)』これに尽きます。成功するにせよ、失敗するにせよ。
トライすることは、状況によってはアリと思います。

8回1アウト、リードされて迎えた中、どの選択肢も同じようなリスクはあります。
そのまま何も策をとらず、ダブルプレーで一気に8回終了もありますし、送りバントで、二三塁(成功するかしないかは、更にリスクがつきます)どれも、次のベースを狙うには賭けとなるわけですね。

それは、前回の鳥谷の三盗の成功から、準決勝まで来れたのを見ても、結果論になるので、どれが正解とは言えないわけです。

むしろ必要なのは、どの戦術を取るにしても、失敗を恐れず、完全にやり切るプレーなのですね。それには、コミュニケーションがとれ、完成された中での監督の戦術指示をすることでもあります。

今回のシーンでは、前回とは状況が違うので任せるのではなく重盗のサインなら『行け または 待て』の、いずれかです。同時に一気に駆け抜けるか、走らないかですね。

あのシーン井端の気持ちも、内川の気持ちもそれぞれ、すっごく分かりやす程良く分かる!!のはなぜ?共通しているのは、どちらも100%成功を狙っていることです。

しかしですよ、2013年の侍ジャパンは総評として、本当によくやったと思います。
井端、鳥谷、内川をはじめ、多くの侍ジャパン選手には再度大いなる拍手を送りたいと思います。正々堂々と、胸を張って、新しいペナントレースも戦って欲しいと思います。

さして、メジャーリーガーが居ない中でも高く評価はできると思います。
本当にお疲れさまでした!!それだけのことは、やりきったと断言出来ます。これからも選手個人は、大いに応援していきます。もちろん、内川選手も、井端選手も。
そして、もちろん、2013侍ジャパン選手全員もです。

 - 話題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
大富豪が76億円で購入した不動産とは?

話題、出来事、発見などを含め日々の気づきや感じることをテーマに。では、ロンドンのロイターから。
英国でこれまで販売された不動産の中で最も高額となった新築物件の写真が、当地で公開されました。

『アナと雪の女王』が17年ぶりに『タイタニック』超えをした理由とは

1997年の映画で当時話題になった『タイタニック』の観客動員数(1,683万人) …

no image
東日本大地震に関する災害情報

東日本大地震に関する災害情報源

no image
Google版WikipediaのKnolを一般公開

米Googleは、昨年末から招待制でテストしてきた知識共有ツール「Knol」を一般公開した。knolは(unit of knowledgeを意味する)」と呼ばれ、各トピックをよく知っている人それぞれが信頼できる解説を書いてもらうことが目的で、公開までテスト段階を経ていた。

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。

no image
新『スター・ウォーズ』監督、J・J・エイブラムス決定はベスト!最高に適任!

新『スター・ウォーズ』の監督になんと、J・J・エイブラム監督が着任することが分かりました。新『スター・ウォーズ』監督に、J・J・エイブラムスが手がければ、ベストで最高の監督になると思いつつ、スター・ウォーズやスター・トレックのファンの一人としてかなり強く希望していましたが、シネマトゥデイが伝えるところによると、J・J・エイブラムスが、新『スター・ウォーズ』の監督に決定したとのことです。2015年に公開される『スター・ウォーズ』は新スター・ウォーズ エピソード7(原題)・ STAR WARS EPISODE 7ですね。

iphone6
アップル iPhone6は、4.7インチ、5.5インチで生産開始?

いよいよ、アップル iPhone6、4.7インチ、5.5インチで生産開始するとの …

no image
ダビング10解禁か?

ダビング10、著作権の関係で、デジタル放送の録画を一度しかコピーできないシステムでしたが、それがコピーを含めて、10回までダビングができるということになります。

no image
Siri搭載iPhoneの凄さ、人工知能HAL9000を彷彿させるものとは。

Siri搭載iPhoneの凄さは、人工知能HAL9000を思わせます。Gooleのアンドロイドも確かに、音声アナウンスはすごいものはありますが、アップルの発売のSiri搭載iPhone4Sは、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」に登場した、まさに人工知能 「HAL 9000」そのもの。あの映画で登場した時も、未来はこうなるのかと思ったものですが、Siri搭載iPhone4Sは宇宙船に設置された巨大なコンピュータではなく、手に収まる携帯なのが驚き、人工知能的に「HAL 9000」を彷彿させ、

no image
ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルに!

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルになりましたね。幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦したのです。『ダイオウイカ』と言うと、確かに、これまで図鑑上で、ダイオウイカがマッコウクジラに取り付いている絵やイラストで小さい頃から見た人もいるでしょうか。イラストでは、想像上の生き物みたいな感じでしたね。その伝説のダイオウイカが、NHKが、長い年月の末、ついに映像でとらえたわけです。視聴していて、確かに見応えあってすごかった。なんでも、2本の長い腕の触腕まで入れると、最大18mに及ぶ世界最大のイカで、地球上最大の無脊椎動物。