生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

Googleの自動運転車に乗る未来カーが、ついに一般人乗車で公開!

      2014/06/19

Googleの自動運転システム車で一般人が公道で走っている様子がついに公開されました。

これまでは、グーグルの社員が自動運転車に乗って無事故で公道を走る様子はYoutubeからも見れましたが、

今回は可愛いグーグル仕様の車で、年配者や子どもを連れた母親など含めた一般人が乗車している様子が公開されています。

自動運転システムは白紙の状態から始まり、グーグルの自動運転システムは今や、これまでのグーグル車とは違って、より一般人の乗車をイメージしたコンセプトカーに、一般人を乗せて公道を走るようになりました。

まさに未来カーの想像上の車で、以前では到底実現できるとは考えられないことでした。

ちょっとした買い物や車の運転ができない人、目の不自由な人や、またちょっと体調が悪くても、自動運転で目的地や病院にまで連れて行ってもらえる時代に変化してきています。

現在はプロトタイプで安全性が優先されていて、車の中は豪華な仕様になっていないものの、運転手に負担をかけずに目的地までドライブすることが可能になってきました。

車の中はハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルはありません。あるのはボタン1つと、目的地まで行くためのディスプレイがあるという車内仕様になっています。

ハンドルも無いのですよー、アクセルもブレーキもないとは・・・。音声応答で目的地を指示しているのでしょうか? 今後はそうなるでしょうね。

とにかく現在も安全性が優先され、今後行われる様々なテストによってさらに人々が交通移動できるようなシステムを構築していく予定のようです。Google自動運転カーでは48万キロを無事故で走破してる驚異の車ですから、より安全性と実用化に向けて確かな前進ですね。

今後も死角や障害物など、色々な交通ケースが想定されるので、より安全走行できるようデータを蓄積していくのですね。

車は40キロ制限の仕様になっていて、フットボール場の2面コートの広さの距離の多面的な範囲を検出でき、それぞれの方向面に広がる大きさの範囲に存在する物体を検知できるので交差点の交通渋滞の状況にも役立つようです。

今後さらに安全性や実用性を高めて、多くの人たちが安心して乗れるような自動運転システムになっていくと思われ、電気自動車と合わせてますます楽しみになってきましたが、

今後進化するもの、停滞して進まないものなど、これからの未来は色々な分野で淘汰が進んで、これまで出来なかったことができる身近な便利な未来に進んでいけばいいですね。

 - 生活スタイル ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
健康を維持するため、PM2.5飛来対策や準備は?

PM2.5飛来への健康対策に必要な手段として、PM2.5対応の専用マスクの着用や、PM2.5の分布予測を見ながら対策をとることが必要になってきます。拡散しているPM2.5の吸引は体を蝕み、体や健康に大きなダメージにつながるため、自らが対策手段をとらないと・・・

no image
地中海料理は脳卒中や心血管疾患の危険性を30%も低下!

オリーブオイルとナッツを使う地中海料理は脳卒中や心血管疾患の危険性をなんと、30パーセントも低下させることができると、新しい研究から明らかになり、体にも優しい料理であることが・・

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、時速100Kmを3.2秒加速

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、100mを3.2秒の超加速して追跡も可 …

Apple-WWDC14
iOS8で写真や動画を含め、デバイスや人とのSNS的コミュニケーションが多彩に

2014年秋リリースのiOS8、例えば、iPhoneやiPadなど持って、家族や …

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

no image
高速道路で突然事故や緊急停車、危険と事故回避する唯一の方法

高速道路で車がエンストしたり、事故やエンジントラブルでクルマが突然急に止まる場合、車が後続車に追突されたり、ぶつかる危険性が非常に高まり、その際に多くの更なる事故に発展して、後続車からはねられたり、追突されたりしてさらに大惨事になるケースが増えています。その危険性を回避する唯一の方法は、車内に、三角停止表示板や

no image
SNSサイトの新発見

SNS(Social Networking Service)、人と人とのネットワーキング上での出会いで、コミュニケーションがとれる、コミュニティタイプのネットワークサービスと言われています。話題を共有したり、語り合ったり、聞いたり、様々な会話がなされ2003年頃、アメリカが発祥地のようです。そのSNSの中でも、

電気自動車(EV)
ガソリン時代の車から電気自動車(EV)の次世代エコカーが間近に?

これだけガソリンが高騰している今、 電気自動車(EV)の次世代エコカーに 移るの …

no image
プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化が。

プロ野球は無料ネット配信でかなり使えそうですねから、変化が。プロ野球の観戦で、直接球場に足を運ばない場合、野球観戦の仕方にも変化が出てきました。これまでジャイアンツ戦が中心でTV観戦していたファン層も、また他の球団を応援していたファンにも観戦に幅広い選択枝が出てきましたね。プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化がでて、これまで無料のネット配信していたものが、有料のネット配信化への以降であったり、試合の途中経過をスマートフォンでの試合経過を楽しんだり・・・

no image
人とのつながりが希薄化してないか?

最近特に、人とのつながりが希薄化しているように感じられます。特に、若い世代でSNSなど、人のつながりは大切にする一方で、SNSやツイッター、フェイスブック、LINEなどスマホ化やPCの依存が大きくなるに伴い、便利な面や利便性も拡大しているわけですが、その一方で、本来の持つ、人とのつながりやリアルでの相手の痛みや同情する心、人の持っている優しさがこれまで普通に持っていた可能性のある人まで変化をもたらし、年々希薄化しているように感じられます。