生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

夏バテ解消+お通じスッキリ+メタボ・肥満対策の答、その一つは?

      2014/06/19

まずは体調管理の一つのバロメータ、今お通じ快調ですか?と、初っ端からですが、体調の状態を表したり、体調の異変に気づくことができる、かなり便利で重要なバロメータの一つでもあります。

スラっと出る感じであればいいですし、ちょっと詰まり気味であれば何かが問題の可能性があるかもしれません。

その対策の一つに『それは体を動かすこと、つまり運動する』です。えーっ、そんなの分かっていると思われるかもしれません。

では、どんな運動? なのかですが、人によってスタイルもそれぞれ。その前に、以下のところで何か思い当たるフシはありますか?

デスクワーク中心の仕事で普段机に座りっぱなしの時間が極端に長かったり、しかもほとんど動かないみたいな仕事や作業に没頭、また、ストレスが溜まりつつある状態や、ストレスを受ける日が多いと感じることが多々あること、暑い日も水分をあまり補給していないでいたり、便意ある時に後回しにしてちょっと我慢してしまうとか。

さらに運動はほとんどしていないならば、それだけでもかなりの上記の症状の要因になります。ある意味機能が休止状態を作っていることにもなります。

もしそうであるなら、完璧に上記の症状「排便が何かスッキリしない」が出る可能性は高まり、普段あまり運動していないと自覚している場合などは特にそうなります。

まずは肝心カナメのキレイに言えば『デトックス』、違う表現ではストレートに『排便』がいつものように、うまくスッキリ感がないと感じられるならば改善していきましょう。

そうした悪循環にハマりそうな状態を改善していくにはまずは運動です。どんな方法があるかですが、出来るところから運動をしていけばいいと思います。最初から無理して背伸びをすると後々続かなくなるので、現在の環境でまず出来る一歩からスタートします。

夏バテ解消+お通じスッキリ+メタボ・肥満対策で、今、手軽にできるオススメベスト3

「いつやるのー」ですが、今すぐです。笑

1.散歩-オーソドックスなところですが、散歩をするだけでもやらないより遥かにマシなレベルです。つまり少しでも歩こうです。特に車通勤の人で数十メーターではダメです。少なくとも数百メータレベル以上を目指してレリゴー!(アナ雪ではないですけど、あるがままに。)電車通勤ではここのところはクリアしているはずですね。

2.エレベータや階段はエスカレーターは使わず、歩いて昇り降りします。脚の普段使われにくい筋肉・マッスルが鍛えられます。意外とエスカレーターは使ってしまうもの。デザートを目の前にしてつい食べてしまう感覚に近いかもしれません。笑

3.街のスポーツ施設、フィットネスクラブなどで少なくても週1回以上、出来れば少なくても週2回は行って汗をかく運動。最初から飛ばさずにゆっくりと体調を上げていくみたいに運動していきます。

上記のうちの少なくても2つは今すぐできるでしょうか。これをするだけで、見違えるほど体調も良くなり快便につながります。ただし水分を補給しながらの運動です。特に効果的なものは3番目のスタイルで運動することです。

それでも睡眠、ストレス、食事、水分補給もまずまずなのに快便とはならない場合は、他の要因がある可能性も高いとかんがえられるので、一度、病院で診療してもらうこともいいでしょうか。人間ドックなど定期的に検診してれば別ですが。

では、なぜそう言い切れるのかですが、実際に試したのですね、デスクワーク中心で座りっぱなしが多く、ほとんど運動しない、歩かないでいると、体調は何とかた保たれているものの、快便とはいかず、まずキレがなく、どことなくスッキリ感がないのです。

しかしです、上記の3をたった1日だけ行うだけでもたちまち見違えるようになりました。
上記写真では足腰や関節にも負担をかけない「自転車こぎ」の有酸素運動で、少なくとも効果が出始める25分以上続けます。これはランニングや走りこまなくても手軽に出来る一つのトレーニングです。

まずは、そうして体を動かすことで快便でスッキリ感が戻り、まさしくキレのあるどこかで聞いたように体調が整えられます。それだけ体にはいいのですね。

ちなみに上記、1、2はいつでもできるので(後は意思+実行するかしないか)、

3についてですが、手軽に安い料金で体を鍛えるトレーニングであれば下記の公共スポーツ施設を利用して始めるのでもいいですね。

各都道府県で同じような施設は必ずあると思われるので、未掲載の都道府県があれば施設は同じように調べてみる価値はあります。

格安スポーツクラブマップ

そうした身近な街の施設でも手軽にスタートが切れると思いますので、時間をとって実際やってみることもいいですね。

 - 生活スタイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
夫婦間をうまくやる! 離婚を救う最大の処方箋とは!

夫婦間をうまくやる! 離婚を救う離婚を救う処方箋をご紹介したいと思います。なんと過去1年間に離婚した夫婦は1日あたりなんと約650組ものカップルが離婚。なんでそんなに離婚する夫婦が出てくるのー?と思われるかもしれません。もちろん色々な事情があってのことなのですが・・じゃー、少しでもこの離婚率の数値を下げることを、ひいては、夫婦間を救う処方箋も伝授しますね。そもそも離婚に至るまで以前に、さかのぼって考えて行く必要があります。

no image
高速道路で突然事故や緊急停車、危険と事故回避する唯一の方法

高速道路で車がエンストしたり、事故やエンジントラブルでクルマが突然急に止まる場合、車が後続車に追突されたり、ぶつかる危険性が非常に高まり、その際に多くの更なる事故に発展して、後続車からはねられたり、追突されたりしてさらに大惨事になるケースが増えています。その危険性を回避する唯一の方法は、車内に、三角停止表示板や

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

no image
子育て支援・待機児童ゼロ&結婚と子供を増やすには?

子育て支援・待機児童ゼロはアベノミクスの三本目の矢としては十分に分かりますし、これまでの政策より良くはなっていると思います。でもこれだけではヤングママは納得出来ないこともあるのではと思います。このあたりは議論が出てくるようにも感じます。でもですよ、それよりもっと大切なことが必要になるのですね。結婚と子供を増やすには、どうするのーと言う根本的な問題です。少子高齢化が加速する中で三本の矢だけでは十分に足りていないのです。なぜか?・・・

no image
健康を維持するため、PM2.5飛来対策や準備は?

PM2.5飛来への健康対策に必要な手段として、PM2.5対応の専用マスクの着用や、PM2.5の分布予測を見ながら対策をとることが必要になってきます。拡散しているPM2.5の吸引は体を蝕み、体や健康に大きなダメージにつながるため、自らが対策手段をとらないと・・・

no image
歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?パート1

歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?それは、歯のケアと、歯を正しく磨くこと!一斉に、えっー!!と聞こえて来ました。笑。歯のケア+歯を正しく磨くの両方がとても重要なのです。じゃー、早速、歯の健康美人を目指す最高の秘密を暴露しますね。これは、歯の美しさをキープするだけでなく将来にわたって、健康とお金の節約も出来る一挙両得の秘伝です。

no image
家電+コンピュータ

ハードディスクは、データを保持する大切な要、コンピュータ
から家電の液晶テレビに付帯するものまで、幅広く利用されて
います。

no image
ポップコーンは金塊に値するくらいポリフェノールを含有している?

ポップコーンは軽くて水分があれだけ少なくても、ポリフェノールが存在して、特にポップコーンの外皮である殻は最も注目に値するもので、実際にポリフェノールと繊維をあわせ持つ、高濃度を保持する王様的食品でもあり、それらは黄金とも金塊ともい言える価値が有るようです。金に匹敵する存在価値があるのがポップコーンなのですね。

no image
無意識はサラバ!、記憶を留める、記憶をたどることが役立つ!

記憶を留めたり、確かに辿ることで役立つことを実感しました。と、同時に無意識に行動しないことも大切!それは何か?実は運転免許証を一瞬紛失したのです。どこを探しても無い、確かに今まで持っていたのにと、何度も確認のために、書類まわりや車の中も隈なく探しても見つかりません。無意識と記憶はどうなったのか?

no image
髪の毛が抜けるのを防ぐには、毎日のストレスを減らしヘアケアも。

髪の毛が抜けるのを防ぐには、最初にちばん大事なのは毎日のストレスを減らすことが一番最強なわけです。ストレスがかかり過ぎると、知らず知らずのうちに、いつも髪の毛を引っ張ったり、むしったり、頭皮をかいたりします。するとこれが長期間にわたると頭皮が赤くなったりして、頭皮にもストレスがかかり、髪の毛が完全に抜けやすい状態になります。