生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ポテトチップスと運動、バランスのとれた食事

      2014/05/18

食べ物や食事を考慮して、ちょっとした気遣いをすると、自らの命や健康を助けることにもなるようです。

例えば、ポテトチップス、ジャガイモを揚げる前に水に浸すことにより、発がん性物質として疑われているアクリルアミドの形成を抑えられることが、英国の研究で明らかになりました。

研究者らは、アクリルアミド形成を著しく減少させることで、健康リスクも低減するとして、ヘルスデイニュースは伝えています。

さらに、アクリルアミドは、でんぷんを多く含む食品を揚げる、蒸す、焼く、あぶるなど、高温調理した際に形成される、

色々な食品に含まれていて、健康に悪影響を与え、動物でガンを発生させることを示唆する研究もあるようです。

研究では、揚げる前にジャガイモを洗う、30分間水に浸す、2時間水に浸すの3種類のアプローチが試みられ、それぞれ、アクリルアミドのレベルが23%、38%、48%低減することが明らかになりました。

ただし、これは軽く揚げた場合の結果。ストックホルムの研究グループや、日本の厚生労働省の発表によると、

じゃがいもだけではなく、デンプンを含む普通のパンやコーンフレークなど、普通の食品からもこのアクリルアミドは検出され、デンプン質が多い食材を高い温度で調理すればするほど、この発ガン性物質の検出度は高くなるそうです。

不思議なことに、茹でる煮るの調理したものからはアクリルアミドは検出されなかったそうです。

この報告によると、特にポテトチップスはアクリルアミドの検出率が高く、一般的なポテトチップス1袋にアクリルアミドがWHOが飲料水の許容範囲としている濃度の500倍もの量が含まれ、また同国内のファーストフード店で販売されています。

フライドポテトではその濃度が約100倍だったというのです。

研究チームは「多くのがんの原因がアクリルアミドである」と考えて、発表をしました。

しかし、スウェーデンの食品庁は、特定の食品類に対して警告を出すなどの措置をとる予定はなく、さらにアクリルアミドの発ガン性については、マウスを使った動物実験がもとになっているので、人体への影響はまだ証明されていません。

普段は健康な人が、運動量を減らし、ファストフード中心の食生活を4週間続けると、肝臓障害や糖尿病前症とされるインスリン抵抗性を急激にもたらすことが、スウェーデンの研究で明らかになっています。

Linkoeping大学(リンチェピング)が実施した研究では、痩せ形で健康な男女18人が、1日の運動量を5,000歩までに制限し、ファストフード(なるべく著名なチェーンレストランの食事)を最低1日2食摂取。目標は、1日の摂取カロリーを2倍にして体重を10〜15%増加させ、肝臓への影響を検討すること。

また、健康的な成人のもう一方のグループは、通常の食事を継続しました。その結果、肝酵素のアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)値が、開始後1週間以内に急上昇し、調査期間の4週間で4倍以上に。

研究者によると、ALTは実際、18人中11人で肝臓障害を示す値に達しており、1人は肝臓に不健康なレベルの脂肪蓄積がみられる「脂肪肝」の兆候を示していました。
ファストフード群では、インスリン抵抗性に関連する肝細胞の脂肪蓄積の急激な上昇が認められた。

インスリン抵抗性は糖尿病や心血管疾患リスクを上昇させる。通常の食事グループでは、こうした影響は認められなかったのです。

全体的には、ファストフードを摂取し、運動量を減らした被験者では、4週間で平均14ポンド(約6.3kg)体重が増加しており、1人は2週間で26ポンド(約11.7kg)以上増加。

研究結果は、医学誌「Gut」2月号に掲載された。運動、バランスのとれた食事が、いかに大切かを物語っています。

最近ずっと運動不足なので、新陳代謝を高めるためにも運動量を確保したいですね。

 - 生活スタイル , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ワキガ対策と虫歯・歯垢予防で今すぐ出来る事は?

ワキガ対策と虫歯・歯垢予防で、今出来ること、今すぐ対策をとれることがあります。ワキガもいやですね、歯垢が増えていくことも超最悪の状態になります。しかも、恐ろしいくらいに。ワキガも虫歯、歯垢予防も共通している今すぐできる対策があります。ワキガは、いおいがきつく、臭い臭いには自分も、周りの人も、自然に気にする臭いでもあります。動けば動くほど、気になることになりますね。

電気自動車(EV)
ガソリン時代の車から電気自動車(EV)の次世代エコカーが間近に?

これだけガソリンが高騰している今、 電気自動車(EV)の次世代エコカーに 移るの …

no image
地中海料理は脳卒中や心血管疾患の危険性を30%も低下!

オリーブオイルとナッツを使う地中海料理は脳卒中や心血管疾患の危険性をなんと、30パーセントも低下させることができると、新しい研究から明らかになり、体にも優しい料理であることが・・

Google自動運転走行1
Googleの自動運転走行は安全性を第一に考える人工知能?

Googleの自動運転走行システムは安全性を第一に考えているもので、左の1シーン …

安全な運転方法
交通事故を起こさず自身を安全に守る7つのポイント!

これを知っているだけで、 これからずっと自分自身の安全性の身も守れ、 反則切符の …

no image
うつ病の発生メカニズム解明で、自分で出来る範囲の対策は?

名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが、うつ病の発生メカニズムを解明したと、NHKが伝えています。うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果、ドーパミンの減少やうつ病に結びつく結果が出たのです。ドーパミンとは、成績や仕事で結果が出たり、美味いものを食べたり、収入など嬉しい報酬を得た際に分泌される脳内物質で、人の生存本能と深い関係があると考えられています。

no image
毛髪アンチエイジングで抜け毛予防と、髪の毛が生えるには

毛髪アンチエイジングで抜け毛予防するだけでなく、ある方法で試すと、毛が生えてくる効果もあるようですね。枝毛を切る癖を直し、ストレス発散やタバコの吸い過ぎを自粛、夜更かしをしない、脂気の多い食事ばかり摂らないことは、良く聞くところですが、髪の加齢を防ぐにもいい方法が

no image
コミュニティと家族の絆と触れ合い

コミュニティと家族の絆と触れ合い、最も大切なことと思います。親と子、本来決して超えてはならない一線を、超えて、取り返しのつかない、そんな、ニュースが最近目立ってきています。家族間、地域間、色々なコミニュニィ間の絆と会話が、昔と比べて退化しているのだと思います。核家族化になって、個人が優先されてしまう。子育て一つをとっても、学校教育をとっても変化していて、絆が希薄になってきていますね。

no image
婚活・恋愛・結婚、そして出会うべき人に出会うには?

婚活・恋愛・結婚、そして出会うべき人に出会うには?一体どうしていけばいいのでしょうか。興味ある人は多いと思います。例えば、20代だとすると、出会いも多いですし、その分、恋愛するチャンスも多いわけですね。まだまだ、この後も良い人がいるだろうと。次の出会いや恋愛対象を選ぶ余裕もあるかもしれません。と言うより、ありますと、普通は思います。人にもよりますが、その出会うチャンスが多い分だけ余裕を持ちすぎてしまう可能性も大きいわけです。

no image
iPhoneの究極は

音声認識携帯、これはあくまでも究極の勝手な想像と提案です。コチョコチョ、携帯電話から片手で文字を打って入力するのではなく、音声が判断して入力していく。もし、携帯製品を手がけるなら入力は音声認識により、メール文章が入力されていき、メール文章が完成されて、送信できる、そんな携帯があってもいいのではないでしょうか。