生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

日経225(日経平均株価)の今後の推移は?パート3

   

日経225は、
日経平均株価とも呼ばれ、

ざっくりと言えば
東京証券取引所の第一部に上場する
銘柄を指して、

例えば、225銘柄あるうち、

電気機器メーカー、銀行、
金融、運輸、自動車、保険、食品、
水産、建設など、

その他ほとんどの代表する業種を網羅
した代表される上場企業の銘柄から
選出された225銘柄の平均株価を言います。

 

本来は、上場企業の平均株価なので
安定した値動きで大きく動かない、
そんなに大きくブレないはずでしたが、

近年は、一日だけでも最大で
400円前後と大幅に動いてきました。

 

ただ、他の個別銘柄に比べては、
大幅に変動しているとは言え、

不安定な要因は比較すると
少なく扱いやすいとも言えるのですね。

前にも記述していたように、
どんな株式でもFXでもそうですが

一方的に上がり続ける、
下がり続けるものではなく、

期間の短期、中長期を通して

必ず、一旦落ち着く、
通過点や着地点があるのです。

時には、どっちに行くのか
ボックス圏内で行ったり来たり、
方向性を見極める期間とも言えます。
一旦、方向性が決まれば次第に
株価上昇や反対方向の
株価下落方向に向かいます。

FXでは、円高方向、円安方向になります。

そのあたりをトレンドとして
見ていけば分かりやすいでしょうか。

そこは、近視眼的に見るのと、
俯瞰して見て行くのとでは
トレードの進め方が違ってきます。

 

前者はその日のうちに
新規取引をして、
決済まで終えるデイトレード、

後者は保有期間が短期から中長期に保有して
トレンドの節目で決済をしていくのですね。

その他、色々なトレードはありますが、
大まかには一日で終えるのか、

翌日以降、中長期で持ち越して
保有するのかに分かれます。

下記はYahooページにある経済部門の
日経225の株価チャートですが、

日経225

本格的には証券会社やFX会社の
株価チャートで見れば
より細かく分かりますが、

Yahooの日経225チャートでも
大方流れは分かります。

 

上の赤色の段が日経225のチャート図で

下段の青色円が、期間から移動平均の
日にち変更、平滑移動平均、

 

追加指標として、
MACDなど代表的な指標が選べます。

 

期間は、1日、1週、1か月、3か月、
6か月、1年、2年、5年、10年と

クリックすると選択でき、
もう一度クリックすると解除されます。

 

この日経225株価チャートからは、
中長期の方が見やすいです。

短期から見ていって、
中長期を見てみると

俯瞰できる分だけ、
流れが見えてきやすくなります。

 

追加の指標、MACDを加えてみたり、
移動平均線の期間の日数を変えて見ると
動きがより掴みやすくなります。

 

売買できるタイミングに合わせて
それぞれの人に合った、
見やすい指標に変更していくと
動きが見えてきます。

 

また、NYダウ平均と
連動することも多いので、
前日の株価動向も参考になります。

 

ちなみに、2015年1月9日の
日経平均株価は、
NYダウの高止まりを受けて、
日経225も高止まりから始まり、

 

乱高下はあるかもしれませんが、
上昇して始まり、そのまま
高止まりに終わる可能性は
高いと予想しますが・・。

株価は生き物でもあるので
もちろん予想に反するのも常ですね。

 - ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
株式市場の暴落は続くのか。

ライブドアショックのように前日、超大幅に株価が大暴落した。翌日の日経平均株価は前日比140円高には落ち着いていますが、以前に記載したシナリオに近づいているようにも・・・

no image
サブプライムローン損失、78兆円?

サブプライム住宅ローン問題による危機で、国際通貨基金(IMF)の局長によると、金融機関やファンドなどの関連損失がなんと、約8000億ドル(約78兆円)に達する恐れがあるとの試算結果を示している。

no image
株価の急落で

今日の話題では、なんといっても気になる株価。750円余りの急落とは、信じがたいですね。銘柄により、一枚で75万円の変化があったことになります。まさしく、ナイフが落ちるとでも言えるでしょうか。サブプライム問題は、当初、大したことないと、金融の専門家も数ヶ月以上前に言っている方もいらっしゃいましたが、実際は、表に出ている以上に根が深い感じがします。

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?【パート2】

前回、2013年1月下旬の日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?をご覧頂いていたとすると、あれから約3ケ月経過しましたが、その後、日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移がどうなったかはよく分かると思います。前回の右肩上がりのトレンドグラフで推移してきているのが見られると思います。えっ、誰ですか?あまのじゃくよろしく、まさか、その後、右肩下がりでトレンドラインを引いてたのではないでしょうね。笑

no image
日経平均の1万円台割れの意味することろは。

日経平均株価も連日下落が止まりません。
数ヶ月前に、こちらのサイトでも日経平均株価が11000円を割り込むと予測していましたが 、その時は誰もがそんなこと伝えてませんでしたし、そんな雰囲気はありませんでした。

no image
日経平均の行方は

日経平均や株の暴落などの話題が最近多く目立ってきています。アメリカの公的資金の支えなどで、一時は持ち直したかに見えましたがそれも一時凌ぎにしかならないかもしれませんね。

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?

日経平均株価上昇は、円安を背景に上昇していますが日経平均株価上昇(日経225)は、買い、売りのいずれかに推移するわけですが例えば、日経225は、そのまま日経平均の動きを意味しますが、これから株を買う、それとも株を売った方がいいのかどっちだと思われますか。日経の指標ひとつをみるにしても面白いです。日経平均株価は、日経225にほぼ連動していますが・・

no image
宮本選手とタンス株

NHKの番組プロフェショナルで、プロ野球のヤクルト、宮本選手をとりあげていました。オリンピックのキャプテンでも有名ですね。直近の優勝チームの巨人や阪神ではなく、ヤクルトです

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?【パート3】

日経平均株価(日経225)、2013年、今後の株価の推移はどっち?【パート3】では、前回からの日経平均株価の推移推移はどっち?【パート2】から更に5ケ月経過しました。5ケ月前の6月中旬から底を打ち、V字ターンしてきました。ここを見てみると面白いことが分かります。

no image
日経平均株価とNYダウ株価

株価の上昇や下落は、いつも付いて回るものですが、とりわけ不況の中でも株価下落の傾向の中で、急反発、上昇もあるわけですね。先日、ニュースで、株を購入された方のインタビューを偶然拝見しましたが、株が下がったので心配ですと答えられていました。