生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

株式市場の暴落は続くのか。

      2014/05/18

ライブドアショックのように前日、超大幅に株価が大暴落した。翌日の日経平均株価は前日比140円高には落ち着いていますが、以前に記載したシナリオに近づいているようにも・・・

また、アメリカの株式市場を受けて一段の下落を避けたものの、この形成だと更に一段と下ぶれすることは避けられないようにも思われます。

米政府による保険大手の支援もあり、株式市場は好感はしているもののこれから先にも企業の環境の変化への対応に追われるでしょう。

いい結果をもたらすことはイメージはしたいものの桁が違うので企業努力に限界はあるわけですが、最善策で何とか回復傾向に持っていってもらいたいですね。

一方、個人投資家もまた試練が続きそうです。かなりの損失が出ていても、無理せずに対応して、早い損きりも、とても重要になってきます。

はFXと同様、必ずしも下落しているからといって損失を被る一方ではなく逆に、利益を大幅にとれることにもなります。

また、円高傾向になる中、原油価格の高止まりにストップがかかった。あれだけ投機マネーが集中的に投入されていたわけですから、投機環境が変われば、変わり身早く自然と価格も下落せざるを得ないですね。下落も加速度がつくかどうか見ものです。

ガソリン価格が一段も二段階も下がって欲しいものです。これだけ高いと、車での外出も控えられ、色々な経済の面でも停滞が続きます。

延々とお金の集中が続くわけではないので、引く場合も一気に引き潮のごとく変化するかもしれません。経済の原理が働いているわけですね。

個人投資家も、その動向をきっちり見られる投資家が勝利することになります。今後の、アメリカの株式市場の動向が、注目されるところかと思います。

 - , , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?【パート3】

日経平均株価(日経225)、2013年、今後の株価の推移はどっち?【パート3】では、前回からの日経平均株価の推移推移はどっち?【パート2】から更に5ケ月経過しました。5ケ月前の6月中旬から底を打ち、V字ターンしてきました。ここを見てみると面白いことが分かります。

no image
日経平均の1万円台割れの意味することろは。

日経平均株価も連日下落が止まりません。
数ヶ月前に、こちらのサイトでも日経平均株価が11000円を割り込むと予測していましたが 、その時は誰もがそんなこと伝えてませんでしたし、そんな雰囲気はありませんでした。

no image
サブプライムローン損失、78兆円?

サブプライム住宅ローン問題による危機で、国際通貨基金(IMF)の局長によると、金融機関やファンドなどの関連損失がなんと、約8000億ドル(約78兆円)に達する恐れがあるとの試算結果を示している。

no image
日経平均の行方は

日経平均や株の暴落などの話題が最近多く目立ってきています。アメリカの公的資金の支えなどで、一時は持ち直したかに見えましたがそれも一時凌ぎにしかならないかもしれませんね。

Yahoo日経225
日経225(日経平均株価)の今後の推移は?パート3

日経225は、 日経平均株価とも呼ばれ、 ざっくりと言えば 東京証券取引所の第一 …

no image
宮本選手とタンス株

NHKの番組プロフェショナルで、プロ野球のヤクルト、宮本選手をとりあげていました。オリンピックのキャプテンでも有名ですね。直近の優勝チームの巨人や阪神ではなく、ヤクルトです

日経平均株価1年
日経平均予想(日経225)は? 16,000円を目指すのか?

日経平均株価は、上記チャートのとおり 25日移動平均線が75日移動平均線を上回り …

no image
日経平均株価とNYダウ株価

株価の上昇や下落は、いつも付いて回るものですが、とりわけ不況の中でも株価下落の傾向の中で、急反発、上昇もあるわけですね。先日、ニュースで、株を購入された方のインタビューを偶然拝見しましたが、株が下がったので心配ですと答えられていました。

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?

日経平均株価上昇は、円安を背景に上昇していますが日経平均株価上昇(日経225)は、買い、売りのいずれかに推移するわけですが例えば、日経225は、そのまま日経平均の動きを意味しますが、これから株を買う、それとも株を売った方がいいのかどっちだと思われますか。日経の指標ひとつをみるにしても面白いです。日経平均株価は、日経225にほぼ連動していますが・・

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?【パート2】

前回、2013年1月下旬の日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?をご覧頂いていたとすると、あれから約3ケ月経過しましたが、その後、日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移がどうなったかはよく分かると思います。前回の右肩上がりのトレンドグラフで推移してきているのが見られると思います。えっ、誰ですか?あまのじゃくよろしく、まさか、その後、右肩下がりでトレンドラインを引いてたのではないでしょうね。笑