生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

日経平均の行方は

      2014/05/18

日経平均の暴落などの話題が最近多く目立ってきています。

アメリカの公的資金の支えなどで、一時は持ち直したかに見えましたがそれも一時凌ぎにしかならないかもしれませんね。

原油が一時高騰していたときも、行っても行っても暴騰し続けました。いったいどこまで暴騰が続くのか、そしてガソリンがどこまで値上がりしていくのか、誰もが心配していました。

もちろん、ここで高値が収束したわけではありませんが、現状の株式でもそれが当てはまることだとおもいます。行っても行っても暴落といった図式です。

これも、必ずどこかで止まるので、投機筋がそれに輪をかけてくるのですね。

原油も投機筋が値をあげていたように。投資ではなくて、投機といえますね。と言うより、原油高に便乗して儲けを上げて投機していたと、行ったほうが正しいかと思います。大幅な利益が確保できるので。

それがここに来て、原油の下落につながっているので、自然と原油の投機も収まってきて、損失を出す者や、利益を確保する者、それぞれのバランスが成り立ってきているのです。

行き過ぎは必ず是正されるので。これが例外はなく、原理原則に基づきます。

の場合は、少なくても更に一つ要因が加わることになります。投機の一方で、損失を恐れて、今の場合、株式の投げや返済売りが出てきているので、それが、株式相場の下げにつながっています。

これは、原油の投機に近いものがあるかもしれません。株価チャートを180度逆さにひっくり返して、逆に見てみて! ね、それが暴騰に見えるでしょう?

この株式の投売りが終息しないと、まだまだ株式の下落が続き、この株式もゼロになることはないのですが、その見極めがされた時が、暴落の折り返し点になるのです。

この暴落の推移は、暴落前に、誰一人として(これは言い過ぎですが)ここまでの株式下落と、更に、これからどこに着地するかを、言い当てた者は、恐らく皆無ではないでしょうか。

バフェット氏でも、投機の神様ではあるけど、暴落対応はちゃんと出来ているとは確信できますが、今回の大幅暴落は予想できても、

ここまでの下げ幅の数値未来は見えなかったと断言できるでしょうね。(数値予想で99.9%の確立で、0.1パーセント程度はあり得えそう、もちろん想像の世界ですが)昨年であれば、なおさらです。

なぜなら、昨年にサブプライム問題について、都市銀行の融資担当の方に、この問題を聞く機会があって、その時、サププライムは、さほど大きな問題ではないと、断言されていましたので。不思議です。

そのギャップはとても大きなものです。それだけに、この暴落は、知っている人には、逆にチャンスなのです。

 - , , , , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日経平均株価とNYダウ株価

株価の上昇や下落は、いつも付いて回るものですが、とりわけ不況の中でも株価下落の傾向の中で、急反発、上昇もあるわけですね。先日、ニュースで、株を購入された方のインタビューを偶然拝見しましたが、株が下がったので心配ですと答えられていました。

日経平均株価1年
日経平均予想(日経225)は? 16,000円を目指すのか?

日経平均株価は、上記チャートのとおり 25日移動平均線が75日移動平均線を上回り …

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?【パート3】

日経平均株価(日経225)、2013年、今後の株価の推移はどっち?【パート3】では、前回からの日経平均株価の推移推移はどっち?【パート2】から更に5ケ月経過しました。5ケ月前の6月中旬から底を打ち、V字ターンしてきました。ここを見てみると面白いことが分かります。

no image
株価の急落で

今日の話題では、なんといっても気になる株価。750円余りの急落とは、信じがたいですね。銘柄により、一枚で75万円の変化があったことになります。まさしく、ナイフが落ちるとでも言えるでしょうか。サブプライム問題は、当初、大したことないと、金融の専門家も数ヶ月以上前に言っている方もいらっしゃいましたが、実際は、表に出ている以上に根が深い感じがします。

no image
宮本選手とタンス株

NHKの番組プロフェショナルで、プロ野球のヤクルト、宮本選手をとりあげていました。オリンピックのキャプテンでも有名ですね。直近の優勝チームの巨人や阪神ではなく、ヤクルトです

no image
サブプライムローン損失、78兆円?

サブプライム住宅ローン問題による危機で、国際通貨基金(IMF)の局長によると、金融機関やファンドなどの関連損失がなんと、約8000億ドル(約78兆円)に達する恐れがあるとの試算結果を示している。

Yahoo日経225
日経225(日経平均株価)の今後の推移は?パート3

日経225は、 日経平均株価とも呼ばれ、 ざっくりと言えば 東京証券取引所の第一 …

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?

日経平均株価上昇は、円安を背景に上昇していますが日経平均株価上昇(日経225)は、買い、売りのいずれかに推移するわけですが例えば、日経225は、そのまま日経平均の動きを意味しますが、これから株を買う、それとも株を売った方がいいのかどっちだと思われますか。日経の指標ひとつをみるにしても面白いです。日経平均株価は、日経225にほぼ連動していますが・・

no image
日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?【パート2】

前回、2013年1月下旬の日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移はどっち?をご覧頂いていたとすると、あれから約3ケ月経過しましたが、その後、日経平均株価(日経225)、今後の株価の推移がどうなったかはよく分かると思います。前回の右肩上がりのトレンドグラフで推移してきているのが見られると思います。えっ、誰ですか?あまのじゃくよろしく、まさか、その後、右肩下がりでトレンドラインを引いてたのではないでしょうね。笑

no image
日経平均の1万円台割れの意味することろは。

日経平均株価も連日下落が止まりません。
数ヶ月前に、こちらのサイトでも日経平均株価が11000円を割り込むと予測していましたが 、その時は誰もがそんなこと伝えてませんでしたし、そんな雰囲気はありませんでした。