生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ワールドカップ 2014年の勝者と敗者を分けるポイントは?

      2014/06/19

ワールドカップ 2014年が始まり、強豪がひしめく各グループでは、日本はもちろんのこと、壮絶な試合展開が各グループで行われています。

例えば、ドイツ対ポーランド試合を見てもそうなのですが、ポーランドにはあの超スーパースター、クリスチアーノ・ロナウド(Rマドリード)が疲弊しきった顔つきと姿が印象的でしたが、

ポルトガルもやはり、敗者に直結する要因がいくつも見えていました。まずは、反則が多く、レッドカードをもらったポルトガル代表DFペペ(Rマドリード)が典型的です。

サッカーとは関係のない不要な行為をして、レッドカードで一発退場。一人抜けた10人で戦うことになり、負けるべくして負ける試合展開になります。(既に試合は結果が出ていましたが)まずは反則行為が多く見られるチームはまずは勝てないことがポイントの一つになります。

反則が多くて勝ち残ったチームはあるかどうか? まずないでしょうか。

次に、先日でも記述したように、パス回しがうまくいっていないチームもまずは勝てないポイントの一つになります。

長続きしないパス回し、パスミス、受けたパスからボールを簡単に奪われる連携の中でのパスです。焦って攻撃が荒くなるのです。

それに連れて、ボール保持率が悪いチームも負けの要因に必然的になります。相手チームに押されて自分たちの試合展開につながらないことも負ける要因の一つになります。勝利しているチームはボールポゼッションが比較的いいのです。

運動量があればいいのではなく、ボールを取りに行かせられる動きのチームも日本のように負ける要因になります。個人が疲れて疲弊してしまい、意気消沈して追うため更に疲れる。モチベーションの加速エンジンが掛からない状態です。

そして、チームにスーパースターがいる場合、相手チームは何としてもそこにボールが行かないようにガードなり、マンツーマンで張り付かれます。クリスチアーノ・ロナウドの疲弊した顔つきがそのことを示していました。

これにより、動きがぎこちなくなり、全体へと波及していき活性化が起きるどころか、反対にチームも沈滞を受けるカタチになります。それこそ、相手チームの仕掛ける狙いであり、作戦でもあります。

そのため、逆に勝利できるチームは何が大きな要因になるかをまとめました。

1.特にペナルティエリアやゴール前で反則まがいの行為は絶対しないこと。

2.パス回しをしっかりできること、しかも一過性ではなく、長時間にわたってのパス回しの成功を続けること。オランダ、コートジボワールもそうです。

3.ボールの支配率(ボールポゼッション)を高めること。

4.重要視している選手を完全にマークしてボールが集まらないようにして警戒すること。

5.縦パス・横パスもフルに使い、パスを通す。

6.ボールを奪っても、簡単に奪われない。

こうしたシンプルな事柄が出来るチームが勝利して勝ち進める典型的なチムーとなるのではと思います。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

no image
ジャイアンツの独走、村田、楽天田中、メジャー上原の安定感にはワケがある?

ジャイアンツが圧倒的な強さで、他を寄せ付けずにセ・リーグVで二連覇達成です。余りにも圧倒的な強さで、ジャイアンツファンでなければ、かなりつまらないペナントレースだったかもしれません。他の某チームの監督曰く、「あの戦力を見れば普通にやったら勝つよね」じゃーなくて・・・。そのチームは何度も優勝していたチームではと突っ込みたくなります。その思いでは、絶対勝てません!ぶっちぎりに強い場合は、必ず理由があるのですね。

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
2013メジャーリーグ【MLB】ダルビッシュ・イチロー・黒田らの活躍は?

2013メジャーリーグ【MLB】が4月1日に開幕しました。2013年のメジャーリーグも、ダルビッシュ、イチロー、黒田、青木、藤川を始めとする日本人メジャーリーガーの活躍が気になるところですね。4月1日、ブリュワーズの青木がいきなりホームランと幸先が良く、2013年、200本安打を期待しています。上原、田沢も上々の出来ですね。

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・