生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ワールドカップ 2014年の勝者と敗者を分けるポイントは?

      2014/06/19

ワールドカップ 2014年が始まり、強豪がひしめく各グループでは、日本はもちろんのこと、壮絶な試合展開が各グループで行われています。

例えば、ドイツ対ポーランド試合を見てもそうなのですが、ポーランドにはあの超スーパースター、クリスチアーノ・ロナウド(Rマドリード)が疲弊しきった顔つきと姿が印象的でしたが、

ポルトガルもやはり、敗者に直結する要因がいくつも見えていました。まずは、反則が多く、レッドカードをもらったポルトガル代表DFペペ(Rマドリード)が典型的です。

サッカーとは関係のない不要な行為をして、レッドカードで一発退場。一人抜けた10人で戦うことになり、負けるべくして負ける試合展開になります。(既に試合は結果が出ていましたが)まずは反則行為が多く見られるチームはまずは勝てないことがポイントの一つになります。

反則が多くて勝ち残ったチームはあるかどうか? まずないでしょうか。

次に、先日でも記述したように、パス回しがうまくいっていないチームもまずは勝てないポイントの一つになります。

長続きしないパス回し、パスミス、受けたパスからボールを簡単に奪われる連携の中でのパスです。焦って攻撃が荒くなるのです。

それに連れて、ボール保持率が悪いチームも負けの要因に必然的になります。相手チームに押されて自分たちの試合展開につながらないことも負ける要因の一つになります。勝利しているチームはボールポゼッションが比較的いいのです。

運動量があればいいのではなく、ボールを取りに行かせられる動きのチームも日本のように負ける要因になります。個人が疲れて疲弊してしまい、意気消沈して追うため更に疲れる。モチベーションの加速エンジンが掛からない状態です。

そして、チームにスーパースターがいる場合、相手チームは何としてもそこにボールが行かないようにガードなり、マンツーマンで張り付かれます。クリスチアーノ・ロナウドの疲弊した顔つきがそのことを示していました。

これにより、動きがぎこちなくなり、全体へと波及していき活性化が起きるどころか、反対にチームも沈滞を受けるカタチになります。それこそ、相手チームの仕掛ける狙いであり、作戦でもあります。

そのため、逆に勝利できるチームは何が大きな要因になるかをまとめました。

1.特にペナルティエリアやゴール前で反則まがいの行為は絶対しないこと。

2.パス回しをしっかりできること、しかも一過性ではなく、長時間にわたってのパス回しの成功を続けること。オランダ、コートジボワールもそうです。

3.ボールの支配率(ボールポゼッション)を高めること。

4.重要視している選手を完全にマークしてボールが集まらないようにして警戒すること。

5.縦パス・横パスもフルに使い、パスを通す。

6.ボールを奪っても、簡単に奪われない。

こうしたシンプルな事柄が出来るチームが勝利して勝ち進める典型的なチムーとなるのではと思います。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2014 FIFAワールドカップは、ドラマの縮図!

2014 FIFAワールドカップは、観ていてドラマの縮図が当てはまります。 どの …

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
2013メジャーリーグ【MLB】ダルビッシュ・イチロー・黒田らの活躍は?

2013メジャーリーグ【MLB】が4月1日に開幕しました。2013年のメジャーリーグも、ダルビッシュ、イチロー、黒田、青木、藤川を始めとする日本人メジャーリーガーの活躍が気になるところですね。4月1日、ブリュワーズの青木がいきなりホームランと幸先が良く、2013年、200本安打を期待しています。上原、田沢も上々の出来ですね。

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、