生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

      2014/06/19

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを決めて1点リードできたことはとても良かったのです。

早くもテンションが上りました!

一方で前半は何とかコートジボワールの攻撃を封じていました。

ボール保持の支配率も何とか少ない中でもキープしてしのいではいましたが、前半を観る限り、相手のゴールも時間の問題の様相を見せる展開でした。

ザックジャパンに垣間見られたことや、一体何が起こっていた?

コートジボワールの攻撃時間が長くなり始め、相手のパス回しが出来てきて連携し始めました。サイドを含むロングパスが通り、攻撃にすぐ移れることや背後からボールを奪取されることも頻繁に見られるも、前半はコートジボワールにもパスミスはいくつかありました。

それが前半の序盤では相手もうまくいかないのが分かり、動きはそう活発ではありませんでした。前半が終了する時間帯に入り、コートジボワールも徐々にペースをつかみ、パスが通り出して攻撃へと展開し始めました。

ところが、後半に入り、日本のパスの連携が長続きしなくなるのが頻繁に見られ、疲労のせいなのか分かりませんが、パスのミスだけでなく、ボールの競り合いも負け、ゴール付近に持ち込みも少なく、最後まで決められない、反撃が出来ない展開になっていきました。

そして、ドログバの投入で一気呵成的に展開がコートジボワール側に、そして日本もそれに合わせるように変化していきました。

イタリア対イギリスでもそうですが、イタリアは細かなパスをつないでゴール前にボールを運んでシュートのチャンスを生かせたことが大きな勝利要因の一つですが、今後は、ここを押さえることによりチャンスをものにする可能性が飛躍的に生まれます。(言うは易しですですが・・)

日本がギリシャ戦までに修正する点や、必要である戦術とは?

そのため、日本が2回目に戦うギリシャ戦では、パスを繋ぐことを最大のポイントに置くことが、ゴールへの攻撃回数を増やすチャンスになるため、最新の注意を払い、オランダ、イタリア、コートジボワールの戦術も参考にしてパスをつなぐサッカーを最初に目指して欲しいと思います。

とにかくゴールへの執念をより持って、時には自分がゴールするというチャンスも活かして欲しいです。まず第一には、パス回しをキッチリやり切ること、そしてサイドからのロングパスも生かせるチャンスを作っていければ勝利するチャンスも自然に広がるのではないでしょうか。

今度は日本の波状攻撃を見たいところです!

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
2014年メジャーリーグ開幕、マー君初デビュー初先発、初勝利!

2014年、日本のプロ野球も、米メジャーリーグもついに開幕しました♪2014年のメジャーリーグで注目の一つはヤンキースに入団した田中将大、マー君です。メジャーリーグのヤンキースの一員であるマー君にとって2014年のシーズンは楽しみになります。活躍が続けば、メジャーを観に行くファンも増えていくでしょうし、観客動員数にも大きな影響が出るでしょうか。オープン戦ではキッチリ活躍して結果を残し、待望の2014年初メジャーリーグ、初デビュー初先発・・

ネイマール 腰椎骨折
ネイマール 腰椎骨折の症状と治療、治る期間は?

2014年ワールドカップに出場している ブラジルのネイマールは、 コロンビア代表 …

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
2014年 MLBもメジャーリーグの試合生中継で昨年以上に面白い!

2014年 MLBも昨年以上に面白くなりそうです!ヤンキースの田中将大、黒田、イチロー、レンジャーズ ダルビッシュ有、レッドソックスの上原、田沢、カブスの藤川、メッツをはじめ多くのメジャーリーガーの名前が今後の幕開けに備え、準備しています。2014年のメジャーリーガーはどう活躍していくのか?

ワールドカップ2014 日本対コロンビア戦-追加必須修正点はコレ!

前回のコートジボワール戦で指摘していました修正点はギリシャ戦で活かせたと思います …

no image
イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。えっ、と思われるかもしれませんね。でもね、現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で・・

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。