生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

      2016/12/18

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)が
ついに発進!!しました。(WBC侍ジャパン2013-時間差スコアリングはこちらの下段で)
ひとまず、ほっとしてます。

あっ、でもですね、プロ野球選手会のこれまで押し通していた思いはとても大切で、
えっと思う人もいるでしょうか。一方で、誰もがwbc参加を楽しみにしていたり、毎年開催ではないだけにオリンピックみたいに、次回のWBCの開催を楽しみにしていたかもしれません。

プロ野球選手会がwbc問題で不参加を決定したことは、すごく支持していました。

ただ、前回劇的に優勝したこともあってずっとWBC開催を心待ちにしていたファンもいたでしょう。

今回のWBCへの急転直下の参加表明ですから、ある意味、妥協とはいえ正解だと思います。
WBCの冠を使えない、配分が公平でないのは納得できないですけど。

優勝を目標に試合の結果と、ビジネスの結果の両方成功させて見返してやろうではないですか。

次回開催には、WBCもビジネスとして収益金の分配を見直す材料に傾くように。

2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加をプロ野球選手会も含めて決定した以上は、その事実と決定は受け止めましょう。

多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいた
スポーツファンが多かったと思います。

これまでプロ野球選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが、今日まで、WBC不参加の意向には敬意を表したいと思います。

なぜなら一番出場したかったのは選手自身です。やる気満々なのに・・
とてもつらい思いで決断していたわけです。

しかし、風雲急を告げました。12球団は実行委員会で、日本代表「侍ジャパン」を利用した
ビジネス展開を目指す事業部局を、日本野球機構(NPB)内に設置することを決定し、

4年40億円を超える収益が見込めるためWBC不参加を決定していた選手会が要求するスポンサー権に替わる財源が確保できることから選手会もWBC参加表明へと急展開したわけです。

どういうことかと言うと、「侍ジャパン」は球宴や日本シリーズの収益に頼ってきたNPBの新しい財源として、商標登録を取って、4年単位でスポンサーを募集することができるようなのでグッズやキャラクターなどの販売や春秋の2度国際試合を開催して、そのテレビ放映権などで4年総額40億円を超える収益が見込まれるようなのです。

それは、日本はWBCIと交渉したものの、これまでと同様に参加条件の見直しはなく、収益の分配率などの進展がないため色々模索した結果、そうしたスポンサーの提供によって財源を確保できるシステムができたのです。

侍ジャパン独自のスポンサー権は認められたのでWBC開催中もWBCのロゴを使用しなければPR活動ができる約束もとりつけてた代替案は名案でした。

何ごとも、WBCI任せでは、進展はないから、独自の提案をしていかないとね。

そういう意味では、日本野球機構(NPB)の案はアッパレでした。これでは、これまで奔走して前進したことにプロ野球選手会もある程度納得するでしょう。

放映料や観戦など、料金をもらっている以上、スポーツもビジネス。お金をいただいて、最高のパフォーマンスを見せていく、楽しんでもらうのがプロの仕事ですね。

2009年WBC2連覇・その時の決勝戦のイチローの活躍は・・これまで不振に喘いでいたイチローに・・

プロの仕事として、結果を出す。また世界から忙しい中を膨大な時間と最高峰の人材を集結してなんらビジネスの進展と恩恵がないと、また野球の発展も含めて意味がないわけです。

世界から集めた選手の維持する財源がなかったり、ただ試合をやっているだけでは選手のモチベーションも意気込みも続きません、単なるお祭り・祭典ではないわけですから。

プロの力を結集した試合を観てもらう、競い合って楽しみにしている世界のファンに最高のパフォーマンスを出して感動してもらうのが目的でもあるわけです。

思う存分、WBCで更なる力を結集して3連覇の優勝に向けて注力してほしいです。
まずは、おめでとうと言いたいです。

また、熱く戦えるWBCを観たいですよね。
ただし、ダルビッシュ、岩隈のWBC不参加表明でイチローや黒ちゃん、青木選手などの現役日本人大リーガーの軒並み不参加になる可能性が高いと思われるので、前途は厳しいとは思いますが、今後の戦い方に注目です。

そうした流れの中、日本時間2012年11月19日、黒ちゃんや青木が、先日WBC辞退したのに続き、イチローも正式にWBCの参加を辞退しました。

前回の第2回のWBC終了の時点で辞退を考えていたとのことでした。

大勢が辞退を占めていたことと、過去の参加で、シーズンの調整が難しかった経験が大きかったのでしょう。

そのあたりは納得します。WBCも大事で参加できれば良かったですけど、メジャーでフルシーズンを怪我なく通して本人としても、チームとしても、そして、これから続くメジャーリーガー候補の道としてもしっかり、結果を残すことが最大の関心事になります。

年齢も加味して、また、成績と結果を残さなければならない立場としても余裕は全く無いと思います。

それに、どのメジャーリーガーやチームもワールドシリーズ優勝が目標ですから。

今回のジャイアンツの圧倒的な強さを目の当たりした以上感じることが多かったと思います。
ちょっとした生半可ではリーグの覇者と言えどもとても太刀打ち出来ません。予想通りです。

また、フリーエージェント(FA)のヤンキース・イチローとしても、年俸を減らしてでも来季もピンストライプを着ると予想しています。

2012年のヤンキースへの移籍も金額ではなかったので、今季年俸の1700万ドル(約13億6000万円)からの大幅減の、たとえ4億円から7億円の減俸でもですよ。

それだけ、2013年は、各日本人大リーガーにとって試練の年になることは間違い無いです。
だから・・・に、なるのですね。

WBC2013年『侍ジャパン』の活躍?の幕開けですね。
http://www.bettertobest.com/cat0003/wbc2013victory.html

 - スポーツ , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

no image
松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが、一転、現役引退となりました。アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既に、メジャーの選手をとって、ポジションの枠が重なり、なくなったためです。招待選手としてのキャンプ参加は、メジャー昇格を保証されるものではないけどメジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

no image
イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。えっ、と思われるかもしれませんね。でもね、現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で・・

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、 …

no image
日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

日本シリーズ2013年、楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりましたね。目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大がジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。また、初戦が田中でなく、それが今後の対戦にどうが変化していくのかに注目です。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。