生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

オランダ ファンハール監督の名将采配とロッベン、GKクルルが凄い!

      2014/07/13

オランダ ファンハール監督の名将采配と
ロッベンGKクルルが凄い!ですが、
(写真出所:Yahoo・Getty Images・FIFA)

 

2014年 ブラジルワールドカップ
決勝トーナメント準々決勝、
オランダ対コスタリカ戦観応えがありました。

 

早起きは3文の得と言いますが、
この対戦はまさにその言葉通りでした。

 

先になぜ?見応えがあったのかの理由を
登場選手・監督から紹介します。

 

ファンハール監督

まさしく名将、采配は最後の最後にも
切り札を試合前から準備していました。

 

これまで、出場出番が無かった
GK(ゴール・キーパー)クルル
延長戦後のPK(ピー・ケー)に投入します。

 

今回の試合が初出場ですよ!

これには勇気と決断が必要です。

 

しかも、試合前にPKの可能性もあるので
交代枠があれば使うので
準備をしておくようにと事前に伝えていたのです。

 

守護神 シレッセンより5cm高い1.93m

リーチが長いのが理由とも。

 

二重三重に準備を怠らないことが凄いです。

クルルにも試合中に相手チームの
動きからイメージが出来て、

心と体の準備やリズムが持てるので、

 

GKクルルにとっても、
オランダチームにとっても
最良の準備が出来ていることです。

 

と同時に、GKクルルの良さや
優位な点を心得ているのです。

 

相手チームの動きに対しては、
現GKがいいが、

PKだと、止まっているボールから
繰り出されるシュートには、

 

腕のリーチ長や身長、脚の出し方、
動きに対して優位な選手が必要。

 

それがクルルなのです。

このことを頭の片隅に常に置いていたのです。

そして、最終のブラジルとの3位決定戦のロスタイムに
今大会は、これまで出場機会の無い30歳で、

 

最後の控えとして残っていた、
GK フォルムを正GKと交代して
ピッチに送り出す粋な図らいを演出。

 

これで、全員の今大会の出場となり、
最後に華を添えて締めくくりました。

最後の演出もすごかった。

 

ロッベン

確かに、ファンペルシーもさすがに凄いが、
ロッベンは更にその上を行くくらい凄い!

 

高速ドルブルを伴う
スピード感とドリブル・パス回し、脚のさばき方

相手を一瞬でゴール前で囲まれても交わす俊敏さ

 

高速ドリブラー、光速ドリブラーといっても

違和感がないくらい半端無しです。笑

 

走りとドリブル走行、そして、ゴール前付近で

相手を交わすテクニックは圧倒的とも言えます。

オランダの至宝です。(ちょっと言い過ぎ?)

 

全日本に、ロッベン1人いればーと、

観ていてつくづくそう思います。(監督よりも?)
常に相手チームがマークしてファールを取られるくらい

 

最重要人物に指定されています。(恐らく)笑

 

だから、いつ観ていても、

ロッベンへのファールが圧倒的に多く、
いつも倒されています。

 

そりゃー、これだけファールを受けていて倒されるから

ロッベンがダイブするのも頷けます。

ロッベンへのファール多すぎです!

 

話はズレますが、ネイマールのファールも、

審判がイエローカードやレッドカードを

勇気を持って出していれば防げたのでは?

 

ブラジル戦で日本の審判が相手チームに
ペナルティエリアでイエローカードを
切ったのが話題になりましたが、

 

それは、危険なプレーを避けるためにも
必要だと考えていかたからです。

 

だから、今回のような致命的な事故につながらない
防止策の意味合いもあると思うのです。

 

■GKナバスとGKクルルがスーパーセーブ!

 

コスタリカのGKナバスのシュートを
受けるスーパーセーブは凄い!

 

ゴールに入っていてもおかしくないシュートを、
GKナバスは、ことごとくスーパーキャッチ!

 

これ以上ないタイミングと足や手の出し方、
パンチングは迫力ありました。

 

世界最高峰のスーパーセーブと言えます。

 

オランダのGKクルルもさすがに、
ファンハール監督が切り札で使っただけあって
采配がズバリ的中しました。

 

確かに、コスタリカのシュートはいいのですが
うまく弾いてベスト4に導きました。

 

コスタリカの鉄壁の5バックの守備力とオフサイド対策

5試合でわずか2失点。
5バックの最終ラインで、防御体系をとる前半戦。

 

観ていてもいつもオフサイドを
意識したライン体系を形づくり、

 

オランダが仕掛けるシュートをことごとく、
オフサイド陣形で防御していました。

 

ピント監督は「組織力、戦術を見せることができた」
としています。

 

4試合で合計12得点のオランダを
初めて無得点で得点させていません。

 

ファンペルシー、ロッベン、デパイ
前線に並べた攻撃体系であるに対して

 

コスタリカの鉄壁の、守備が見られます。

いつもオフサイドを取れるように、
一直線のラインの布陣が目立ち、

 

決定的なシュートを封じています。

とにかく観ごたえ十分な試合展開で

今後の準決勝
決勝が一層楽しみになってきました。

 

でしたが、残念なことにPK戦になり
オランダが万策尽きて敗れました。

 

ISMによると、

ファン・ハール監督はアルゼンチン戦後、

3位決定戦などやるべきじゃない
中でも最悪なのは、
2連敗で大会を終える可能性があるということだ。

 

ここまで素晴らしいプレーを見せてきたチームが、

最後の2試合に負けたというだけで、
敗者として国に帰ることになるかもしれない。

 

だから、3位決定戦は競技の上で何の意味もない。

 

4強まで辿り着く実力を披露したチームのうちどちらかが、

3位決定戦があるがゆえに「2連敗」という形で

大会を終えなくてはならないことが

非常に腹立たしい!

まさしく、その通りだと思います。

 

これだけ、オランダ・アルゼンチン戦で死闘を戦い、
どちらが勝ってもおかしくない試合運び、
PKで決着をつけなければならなかったこと。

 

それに加え、これだけいい試合をしているのに
敗者になれば、これまでの殊勲が台無しになるのです。

 

確かに、相手国を考えた場合、
3位決定戦は無意味だと言えます。

 

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ワールドカップ2014 日本対コロンビア戦-追加必須修正点はコレ!

前回のコートジボワール戦で指摘していました修正点はギリシャ戦で活かせたと思います …

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを …

阪神-広島戦の本塁打の誤審
広島の誤審・CS進出に対して提案!・広島CS進出追加・計4チームで戦う!

  広島のクライマックスシリーズ(CS)進出を特例で追加することも可能 …

前半戦のヤンキース 田中将大
田中将大投手がリハビリを始めて、復帰を目指せる理由は!

田中投手はインディアンス戦後に右肘の痛みを訴え、 (写真出所:日経新聞) 磁気共 …

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。