生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

   

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?

 

ヤンキース 田中が開幕戦で予想に反して打ち込まれました。田中本人は「なにもできないうちに終わってしまいました」と言っていましたが、監督を含めて誰もが予想しなかった展開の内に、3度目の開幕戦として3回途中7失点の降板となりました。

オープン戦では防御率0.38の絶好調、向かうところ敵なしの状態から、2017年4月のメジャーリーグ開幕戦の一試合だけで、防御率 23.63と予想しなかった防御率になったのです。

オープン戦では5試合で23回2/3を投げて防御率0.38、被打率1割1分5厘と圧巻のピッチングをしている上に

日本時間の4月3日、この日のチケットも完売したタンパのトロピカーナ・フィールドで行われたヤンキース対レイズ戦にヤンキースの田中が開幕戦の初戦、開幕投手として初登板、レイズ戦では過去8度の対戦では負けなしで、データの数字からも上々の滑り出しで行くのではと・・

それが、初回に4安打を集中されて3点を失うと、2回にはエバン・ロンゴリアに2ラン、3回にはローガン・モリソンにソロ本塁打を浴る散々な結果となりました。

「開幕戦の初日に投げると言われて調整してきた。それなのにこういう投球しかできなかったというのが、すごく悔しい」と敗戦を語っていました。

持ち球の調子が良くない日でも、普段の彼は制球力を生かして投げるが、その制球力もなかった。どうしてこうなったのかを見極めるのは難しいと、ジラルディ監督も驚いたが、得意の制球力がなく、ボール先行で苦しんだようですね。

制球力のあるストライクが取れずに苦戦する中で、甘い球を狙い打ちされるパターンに陥ったのです。

ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦でメッタ打ちされた理由は?

「何もできなかった。探りながらやったが、余りにもいろいろな部分で制御が効かなかったのでこういう結果になってしまった。立て続けに1、2番にぽんぽんと打たれて、あそこからおかしくなった」

と田中が言っているように、その言葉に尽きます。これまでキャンプから調整に調整を重ね、オープン戦でも完璧に近いカタチで優れた結果を残し実績を積み重ねてきた中、メジャーリーグ開幕投手として自信をもって臨んだマウンドでしたが、見てのとおりの結果になったのです。

初回の1番、2番にヒットを打たれたところから、これまで自信をもって積み重ねてきた自信がもろくも崩れてきたのに気づき

「何かが違う!」と。

投げる球、投げる球が疑心暗鬼に変わり、これまでいけていた球に、切れと制球力、変化に狂いが生じてきた微妙な感覚のズレが生じたことに戸惑っている中、試行錯誤を繰り返すも自信と精神面のタフさも削がれ始めて、相手打線もそのあたりを更についてきたのではと考えられます。

田中が総崩れになった原因には次のようなことが考えられるのではないでしょうか。
1.レイズの相手チームは、これまでの結果があるため、昨年以上に念入りに田中を研究していているはずです。最近ではデータを元にして、ビデオや映像を通してデーターと突き合わせ相手投手の欠点や癖、突きいれるスキを様々な角度から対戦投手を研究してきます。

その中から、どこに焦点をあわせて攻略するかを考えて臨んでいるはずです。

2.田中の体調や健康状態がひょっとして万全では無かった可能性はあるかもしれません。

3.これは上記の理由1に加えて、初回に打ち込まれたことで修正できないことから、焦りが投げる度に増幅されていって、どの球も思うように修正と取り返しができない状態に陥ったことが負のスパイラルにつながった。

修正しても修正しても、何らかの微妙なズレを、これまでできた状態に戻せないことからさらに焦りにつながり、
悪循環にハマってしまったこと。

普段は安定感のある田中のコントロールがこれほどバラつくのを見たのは記憶にないと思われます。この日は制球力と切れと、技術的な肉体面、精神的な安定感ともども欠けてしまったことが打ち込まていった原因の一つにもなっているでしょうか。

キレと制球力がどうしてこうなったのかを分析する必要はあります。緊張感や精神面なのか技術的になんらかの肉体的な影響があるのか?マウンドから繰り出す投球面の状態などなど・・

この敗戦の中で、ジラルディ監督が長いシーズンの中で、こういった試合もあると言っていたのが大きな救いになったのと、翌日は休日なので、田中本人も言っていたように、結果を受け止めて、どうしてこうなったかも次回の登板に向けて考えていきたいとしたのが、大きなプラス材料になると思われます。

ちなみに、サイヤングの候補になっているダルビッシュでも2017年の4月、開幕投手としてレンジャーズ vs. インディアンス戦で初登板して、7回4失点となり、開幕登板の難しさを表しています。

むしろ、2016年に14勝4敗でア・リーグ3位の防御率3.07を記録した田中が、次回以降の登板でどこまで修正してくるか、今後の展開や活躍がむしろ楽しみになってきました。(写真出所:yahoo)

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
2013メジャーリーグ【MLB】ダルビッシュ・イチロー・黒田らの活躍は?

2013メジャーリーグ【MLB】が4月1日に開幕しました。2013年のメジャーリーグも、ダルビッシュ、イチロー、黒田、青木、藤川を始めとする日本人メジャーリーガーの活躍が気になるところですね。4月1日、ブリュワーズの青木がいきなりホームランと幸先が良く、2013年、200本安打を期待しています。上原、田沢も上々の出来ですね。

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

ヤンキース 田中 降板
ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?

ヤンキース 田中に一体何が起きているのか?と、 (写真出所:Yahoo、スポニチ …

no image
タイガー・ウッズの一瞬の迷い?が思わぬゴルフに。

タイガー・ウッズの一瞬の迷いが思わぬゴルフに?オーガスタ米国男子メジャー「マスターズ」の2日目に、タイガーらしからぬプレーで、順調に進めていたゴルフに狂いが生じる可能性が出て来ました。最終日をホールアウトしないと分かりませんがタイガー・ウッズが思いもよらぬところでつまづきが出て、その後のプレーに影響を与えることも考えられます。せっかく順調に進んでいて、このまま正当に進めていけば良かったものの、何を考えてか、2ヤード手前でドロップしたことが分かったのですね。

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

オランダ ロッベン
オランダ ファンハール監督の名将采配とロッベン、GKクルルが凄い!

オランダ ファンハール監督の名将采配と ロッベン、GKクルルが凄い!ですが、 ( …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。