生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

      2017/06/02

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、レイズ戦で、わずか2回で8安打7失点と散々に打ち込まれたて降板した理由について語っていました。

マー君は早々と1回に3点を失い制球が安定しないまま、2回以降も死球などで走者を出し、さらに本塁打も打たれて3回までも投球できず7失点でノックアウトされました。

メジャーリーグで投げる恐ろしさと困難さ、そしてマー君のいったい春先で好投してきたこと一挙に吹き飛ぶ事実に驚愕したものです。
マー君はこのことを振り返ると次のように言っています。

「立て続けに1、2番に打たれて、そこからちょっとおかしくなった」

「悪いときほど自分と戦いがちになる。感覚的なことばかり気になってしまう。バッターとの対戦になってない。バッターは全力で僕を打ちにきているのに、それじゃあ負けますよね」と。

この言葉に尽きます。
自分の投球フォームなどの修正点ばかり考えてしまったようですが、でも、どこが悪いのか少しでも早く修正していきたいところ、そこから修正していくのが普通ですね。

最初に打ち込まれたことで、その一点に集中していった結果なのかもしれません。

しかし、2017年4月27日、レッドソックス0-3ヤンキース戦で、メジャー2度目の完封勝利の3連勝で今季3勝1敗として、防御率は4.20までに上方修正されてきました。

対戦相手のレッドソックス先発は昨年17勝のセール。絶対エースとの対決です。

田中は「9割セール勝つと、みんな思っていたんじゃないですか。10割かもしれないな。それを覆したいなって思って。ただ相手に向かっていくだけでした」

ヤンキース打線はセール投手に対し10三振と凡打の山を築く投手戦に、9回先頭から3連打して得点を作り、マー君の粘りを何とか援護したいと最後まであきらめずに勝利に導きました。

マー君は「全体的にすべての球種が使えたっていうことが良かったと思うし、制球もある程度安定してたんで、ストライクゾーンのいいところで早いカウントから勝負していけたかなと思います。9回のマウンドも点差が広がった分、助かったなという気持ちはもちろんありますし、最後点差が広がったのが助かりました」

ジラルディ監督は「ボストンのこの球場で、この優れた打線を相手に完封するのは、大変難しいこと。本当にいい投球だった」や

また、セールと真っ向から向き合って投げていてようにもと感じたと言っています。

また、ロスチャイルド投手コーチは「手を少し早めに離し、落ちる球に角度をつけるようにした。それが大きな修正になったかは分からないけれどね」と言っています。

マー君のメジャーリーグへの挑戦を考えて転機になった学生時代への反骨精神が今も色濃く生きているのが感じられました。

次のブルージェイズ戦も引き続き見ものです。観客やファンからするとある種のドラマが続いてこれからの活躍がますます、ハラハラドキドキと楽しみになってくる展開とも言えます。

そして、その後の登板でも一進一退から、打ち込まれるニュースが多くなってきました。ジラルディ監督は田中を「誰しもそんな年はあるものだ」と、かなり擁護しているのは嬉しのですが、内心はかなり心配していると思います。

制球力のある田中が、なかなかストライクを取るのが難しくなっているのは、一体何が影響しているのでしょうか。本人は分かっているようにも感じます。このままいくのか、どこかで修正しながらいくのかは本人の結果次第ですね。

何かが影響してるように感じます。それは何か?です。解消できるものなのか、そうではないのか?は、分かりません。

引き続き応援です。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

ワールドカップ 2014年の勝者と敗者を分けるポイントは?

ワールドカップ 2014年が始まり、強豪がひしめく各グループでは、日本はもちろん …

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、 前回優勝のスペインに5-1 …

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので