生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

プロ野球監督業

      2014/05/18

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。

監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。
引き受け時の、毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

まだ、レースは始まったばかりで、最終の結果は相当先ですが、野村監督の緻密なデータ野球が威力を発揮し、これまでなかった変化と実績を伴って、チームを自信と確信へのロードへ進むようにも思えます。

今度の動向に注目したいところです。

一方、阪神の岡田監督も、首位を走っていますが、独走ではなく、終盤戦の投手交代で、これまでJFKとウィリアムス、藤川、久保田の三枚岩の中で、久保田投手の不調が感じられます。

球は重そうですが、不安定性要因が最近露出しています。ウイリアムスを欠いている今、久保田が打ち込まれている事実と他に投手もいる中で、早めの投手交代も踏まえて、緊急の際には、時には順番を関係のない選手起用も考えてみることも必要かもしれません。

このまま首位を走り続けることは困難になることは想像できます。
勝ちに行くには、選手のファインプレー以上に、状況によって臨機応変に、監督の采配を是非見せて欲しいものと思います。

その中で、表には出てこない、お互い選手・コーチ間のコミュニケーション疎通が必要であることがとても大切ですね。

ニューヨークヤンキースの井川投手の現状のように、ならないように、久保田投手は、一発病を避ける方法を自身で探って欲しいものです。
簡単に、修正できるものではないでしょうけど、それが、今後も活躍できるかどうかの岐路にもなるかもしれませんね。

一見、強固には見えますが、その一方で弱点も見え隠れする、その修正がうまくできるかどうか見守りたいと思います。

 - スポーツ , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・

2014 FIFAワールドカップは、ドラマの縮図!

2014 FIFAワールドカップは、観ていてドラマの縮図が当てはまります。 どの …

no image
2014年 MLBもメジャーリーグの試合生中継で昨年以上に面白い!

2014年 MLBも昨年以上に面白くなりそうです!ヤンキースの田中将大、黒田、イチロー、レンジャーズ ダルビッシュ有、レッドソックスの上原、田沢、カブスの藤川、メッツをはじめ多くのメジャーリーガーの名前が今後の幕開けに備え、準備しています。2014年のメジャーリーガーはどう活躍していくのか?

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

no image
日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

日本シリーズ2013年、楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりましたね。目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大がジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。また、初戦が田中でなく、それが今後の対戦にどうが変化していくのかに注目です。

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
イチローがヤンキースに電撃移籍トレード!

イチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍が決定したと、メジャーリーグが伝えています。かなり衝撃的な、電撃ニュースです。代わりに、ヤンキースからは、右投げの25歳のミッチェル投手と同じく25歳のデニー投手がマリナーズに移籍し、プラス金銭トレード。なんと、イチローがヤンキースに移籍します。これまで、イチローのバッティングが低迷しているだけに、ヤンキースで、どれだけのことが出来るのか?環境が変わって、黒田も在籍している、スーパースター軍団のニューヨーク・ヤンキース・・

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。