生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

U.F.O

      2014/05/18

U.F.O.(Unidentified Flying Object)など、未確認飛行物体について、ロンドン ロイターの14日付け英国防省の旧機密文書によると、

同国には地球外生命体が飛来したとの報告が数多くあり、同省が14日、国立公文書館のウエブサイト、(www.nationalarchives.gov.uk/ufos)で、1978年から現在までのUFO関連文書を公開したようです。

それによると、UFOの形状や大きさ、色はさまざまである一方、地球外生命体は一様に緑色だったという。(ここまで引用)

その公文書を文書をさっと読んでも、色々な目撃記録が残っていて、
例えば、赤みがかったピンク色が白く点滅して、最初は宙に浮いていた状態が、次に車が動くスピードで横に上下しながら移動していった記述は通常の乗り物では無いです。

また、最初は葉巻型から丸くなり、まぶしいオレンジ色に変化するなど、枚挙に暇がないわけですが、多くは肉眼での記録が多いですね。
宇宙人の記録もあるようですが、興味のある方は、いつか時間がとれれば、目を通すのも面白いかもしれません。

ただ、国防省では、目撃の90%が日常のありふれた事柄で説明がつき、残り10%が不可解と言っていますが、それで片付けられるものではなくて、見間違いは必ずあると思いますが、その光景はありふれた事柄では説明できない事例が数多く残っています。

物体の移動と動きや、形の変形など地球上の乗り物のパターンや自然現象では説明がつかないもの、本当に多いですが、頻繁に飛来するのでも無いでしょうし、偶然見られることはあるでしょうけど。

反対に、地球の生命体のみが、こうして宇宙で唯一存在していると仮定すること自体ありえないことですね。

「宇宙、それは最後のフロンティア」と、あるタイトルの映画は始まりますが、
「地球、それは最初で最後のフロンティア」とならないように、災害・事件・耐震・地球環境・教育などの現実をより深く感じとり、将来にわたってどのように対処していくのか、トッブを初めひとり一人の意識がより試されているかもしれません。

 - ニュース , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マクドナルドの信頼回復
マクドナルドが一度失った信頼を回復するため、客足を戻す唯一の方法とは?

2014年7月に発覚したマクドナルドの 中国の食品加工会社 「期限切れ鶏肉使用問 …

no image
派遣村と規律と労働意欲

派遣村と規律と労働意欲

no image
歴史上、稀に見る大統領予備選

オバマ候補VSクリントン候補の壮絶な民主党の予備選が行われていますが、6日、2州で行われ、歴史上、稀に見る大統領予備選となっています。

no image
地震対策と一刻も早い救出を!

大地震が中国南西部で発生、大規模な被害も。
国営メディアによると、四川省を震源とするマグニチュード7.8の地震により、同省では大規模な被害が拡がっている模様。

no image
森田健作さんの「オレは男だ!」と千葉県知事

森田健作と言えば「オレは男だ!」がイメージされます。
森田健作さんが千葉知事選挙で当選しました。森田健作さんは今も変わらず、千葉の若大将的存在になりましたね。竹刀を振り、「吉川君」と、今にも飛び出してきそうですね。

no image
ミツバチの減少は携帯電話にも要因が。

ミツバチの減少は携帯電話にも要因があるとの報道がありますが、人間には一見無害でも、昆虫には有害電波に変わる環境が存在するかもしれません。

no image
WBCとイチロー選手の不振

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンは韓国との短期決戦で、再度敗れましたね。韓国のチームは監督を含め、前回から更にパワーアップしている、そんな感じがしました。監督の采配、作戦と選手の意気込みは、前回以上にレベルアップしています。

no image
スーザンボイルと2016年オリンピックと楽天

スーザンボイルと2016年オリンピックと楽天と、一見バラバラですが、ある人から見ると悲喜こもごも。スーザン・ボイルさん、2016年リオデジャネイロ、楽天と全てに喜ばしく共通することがあります。それは・・・

no image
ミツバチ減少と蜜蜂解明を急げ

ミツバチ減少が世界的に起こっていますが
先日、テレビで観ていたらダニ、ストレスもミツバチの減少につながっているようです。世界同時にミツバチの減少が起きているのでその要因に加えて世界的に起きている要因を拾って、見つけなければなりません。例えば、異常気象、大気上にこれまで無かった物質との遭遇。

no image
ボーナスの巨額支給感覚は、感覚麻痺状態?

ボーナス支給をする、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が問題視されています。巨額のボーナスを出す、経営者の神経が疑われます。恐らく、アメリカ国民の公的資金を、湯水のこどく使う金銭感覚が完全に麻痺しているのだと思います。